ネイリストの資格について

ネイリストとして働くには、資格を取得していなくても、働く事は可能です。
しかしネイリストの資格を取得するという事は、ネイリストに必要な知識とスキルがあるという証明になります。
またネイリストの求人でも、ネイリスト2級以上という条件を設けているネイルサロンも少なくありません。

資格の有無によって、給与も変わってくるので、将来ネイリストとして働きたい。
そう考えているのであれば、ネイリストの資格を取得しておく事をオススメします。
では、ネイリストの資格には、どのような資格があるのか紹介していきます。

まず「JNECネイリスト技能検定試験」は、日本ネイリスト協会が行っている資格です。
試験内容は、筆記試験と実技試験が行われ、1~3級の資格があります。
3級は、基本的な知識や技術を問われる内容なので、独学で取得する事も可能です。

ですが2級になると、ネイルサロンで働くレベルの知識や技術を問われます。
そして1級は、トップレベルのネイリストとして働くのに必要は知識と技術になるため、取得は難しいと言えます。

そのため2級以上の資格を取得したいと思ったら、独学では難しく、専門学校に通う必要があると言えるでしょう。
受験資格は、3級は義務教育を終了している事、2級以降は下ランクの資格を取得している事が条件となります。

「JNAジェルネイル技能検定」は、ネイルの中でも、ジェルネイルに特化した資格です。
そのため、まずは「JNECネイリスト技能検定」を取得してから、ジェルネイルの資格も取得するという流れが一般的です。

1級の資格取得となると、一気に内容が難しくなるため、難易度は高くなります。
ですが将来、独立・開業を目指している人や、就職を有利にしたい人は、1級を目指す事をオススメします。

ちなみに、ネイリスト検定では、服装や髪型などの見た目も審査ポイントに含まれます。
なぜかというと、ネイリストとしての自覚や節度をわきまえているかどうかも問われるためです。
せっかく試験で合格圏内に届いていたのに、服装や髪形が減点対象となり、不合格になりたくないですよね。

では、どのような服装や髪形だと、減点対象となってしまうのか紹介します。
まずアクセサリーは、腕時計と結婚指輪を除き、原則禁止と考えて下さい。
やはりネイルの施術をする時に、邪魔になるアクセサリーは、身に着けるべきではありません。

そして滅多にないと思いますが、アートの課題の模様が描かれている洋服を着ているとカンニングだと見なされ減点対象となります。予めテーマは決まっているので、注意しておきましょう。

あとネイリストは、センスを問われる仕事なので、オシャレでなければいけませんが、個性的すぎてもいけません。ど派手な髪の色や露出が激しい服装では、接客業なのでお客様に不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。TPOをわきまえた服装と髪型を心掛けましょう。