ネイリストとして働く場所

ネイリストになりたいと、専門学校に通い、無事ネイリストの資格を取得したとします。
ではネイリストの就職先としては、どのような職場があるのでしょうか?

まず最も多い職場は、ネイルサロンです。
ネイルをしてもらいたいと思ったら、ネイルサロンに訪れる人が多いですよね。
ただネイルサロンと一言でいっても、その形態は多岐にわたり、仕事内容も変わってくるでしょう。

例えばネイルサロンとして独立した店舗も少なくありません。
そうかと思えば、美容院に併設しているネイルサロンもあります。
この場合は、ネイルサロンに訪れたお客さんが、パーマやカラーリングの施術の待ち時間にネイルの施術も受けられるサービスが人気です。

またブライダルサロンと併設しているネイルサロンの場合は、結婚式のドレスやヘアスタイルに合うネイルデザインの提案が求められます。

その他にもデパートで、化粧品売り場の一角にネイル施術を受けられるコーナーが設けられているケースもあります。
その場合は、化粧品を販売する事がメインとなり、新商品などを常に詳しく把握しておく事が求められます。

出張ネイルサロンの場合は、店舗を持たずにお客様が求める場所に、自ら訪れる形になります。
また自分自身で、独立・開業する場合は、いきなり店舗を構えるのはリスクが大きすぎます。
その場合は、個人の自宅で開業して、徐々に顧客を増やしていくなど、自宅から始める事をオススメします。

トップネイリストにもなれば、雑誌やTVメディアで活躍する人も存在しています。
女優やモデルにネイルの施術を行うなど、カリスマ美容師やメイクアップアーティストと同じように、第一線で働くカリスマネイリストに憧れる女性も多いでしょう。

ちなみに、職場によってネイリストの収入も大きく変わってきます。
ですが収入が高いからといって、専門学校を卒業してすぐに、条件にいい職場で働ける訳ではありません。
やはり実績が必要なので、まずはネイルサロンで経験を積んでから、フリーランスとなるという流れが一般的です。

そのためネイルサロンで、ネイリストとして、実践を積み、店長としてお客さん対応や店舗運営を学びます。
独立すると、自分のペースで働く事が出来るので、結婚や子育てをした後もネイリストとしての仕事を続けやすいと言えます。

ネイリストとして独立するためには、資金が必要となります。
自宅で開業する場合は、家賃が抑えられ50万円程度から始める事が可能ですが、本格的にネイルサロンを構える場合は、1000万円以上かかる場合もあります。

そのため事業計画もしっかり立てる必要があります。
ネイルサロンのコンセプトや、ターゲットの客層、現実的なサービスの提供価格など、しっかり市場調査を行い、準備しておきましょう。

ネイリストに向いている人とは

ネイリストになりたいと目指す人は、ネイルが好きな人ですよね。
ですがネイルが好きなだけで、ネイリストとして職業に選んでも大丈夫?
そんな不安を覚える人もいるでしょう。

では、どんな人がネイリストに向いている人といえるのでしょうか?
まずネイリストとは、専門職なので、技術がなければお客さんから信用されません。
技術とは、地道に実践を積んでいくしかありませんが、練習が欠かせないと言えるでしょう。

そのためネイルが好きなだけでなく、好きだからこそ、人よりも練習をする事が苦にならない。
そんな努力家でスキルアップに余念がない人が、ネイリスト向きの人です。

もちろんネイルをする際に、細かな作業も多いので、手先が器用な人の方がネイリストに向いています。
またオシャレのセンスも問われるでしょう。

ネイルのデザインは、自分の好きなデザインだけをしていればいいという訳ではありません。
それでは自己満足で終わってしまいますから、お客さんがそのネイルに満足する事が重要です。
そのため客のニーズに応える事が出来る、センスも問われる仕事です。

あとネイリストとは、接客業です。
新規顧客だけでなく、リピーターになってもらう事が重要なので、コミュニケーション能力が問われます。
どんなネイルにしたいのか、人によっては言葉で上手く説明出来ない人もいます。
お客さんの要望をいかに上手に聞き出す事が出来るのかも、コミュニケーション能力にかかっています。

特にネイルは、デザインによっては時間がかかるケースがあります。

その時間、お客さんと対面しながら作業をする訳ですから、ネイリストが無言で集中してネイルをしていたら、お客さんの方が居心地を悪く感じてしまいます。

そのためネイル施術中の時間を楽しく過ごす事が出来るように、気遣いや会話で楽しませるスキルもネイリストには重要だと言えるでしょう。

その他、ネイルのデザインは流行によって、大きく変化していきます。
なので、流行に敏感で、アンテナを張れる人がネイリスト向きだと言えます。
同時に社会常識も踏まえている必要があります。

ネイルサロンでネイルをしてもらうのは、特別な日のためというお客さんも多いでしょう。
恋人の両親に結婚の挨拶にいく場合、パーティやイベントに出席する場合など、TPOによって求められるネイルデザインは違います。

ネイル自体がどんどん進化しているので、新しい技術をどんどん習得しないと、お客さんの要望に応じる事が出来ません、まさに日々スキルを習得するために努力し続ける事が出来る人こそがネイリストに向いている人だと言えます。

ネイリスト専門学校を選ぶポイント

ネイリストの資格を取得したいと思ったら、やはり直接講師から学べる専門学校が1番です。
しかしながら、専門学校で学ぼうと思ったら、お金も時間もかかってしまいます。
またネイリストの専門学校といっても、その数は多く、どの専門学校を選んでいいのか分からないという人も多いでしょう。

なので、失敗しない専門学校を選ぶポイントについて紹介します。
まず、あなたがJNECネイリスト技能認定試験の取得を考えているのであれば、JNA認定校を選びましょう。
JNA認定校の場合は、JNECネイリスト技能認定試験に関する情報量も多く、試験対策もしっかり行われています。
そのため他の専門学校を選ぶよりも、合格率がアップするはずです。

また専門学校では、ネイルサロンが併設しているケースも少なくありません。
その場合は、一度併設しているサロンで、ネイルの施術を受けてみる事をオススメします。
ネイルの施術の技術が高く、またネイルサロンの雰囲気もいいところであれば、専門学校でもしっかり知識や技術を教えてもらえる可能性が高いと言えます。

またネイルサロンが併設していない専門学校であれば、事前に見学や体験入学をしてみましょう。
そうすれば、どのような雰囲気で講義が行われているのか、空気感を味わう事が出来るはずです。

そして専門学校を選ぶポイントとしては、コースに注目して下さい。
専門学校によって、授業数は大きく異なり、わずか30時間という少ないコースもあれば、360時間という多すぎるコースもあります。

授業数は、少なすぎたら、十分な知識や技術を習得する事が出来ません。
また逆に授業数が多いのは、しっかり学べる、たくさん実習出来るという点ではメリットもあります。
ですが授業数が多い=授業料が高くなる事を意味しています。

そのため90~120時間のコースを選ぶ事をオススメします。
短時間でも、試験に合格出来れば、その方が授業料は安くすんで効率的と思う人もいるかもしれません。
ですが30時間でネイリスト検定2級の資格を取得している人と、120時間でネイリスト2級の資格を取得している人。
この2人が採用試験に応募してきたら、120時間勉強をした人の方が就職に有利です。

それはしっかり実技の練習をしていると採用側が判断するためです。
目標は試験に合格する事ではなく、試験に合格し、ネイリストとしてネイルサロンで働く事ですよね。
それなら就職に有利な専門学校を選ぶべきだと言えるでしょう。

そのため専門学校を選ぶ時に、就職率やネイル業界にどれぐらいコネがあるのかも調べておきましょう。
後は自分が憧れるネイリストが講師をしているなど、選びたい理由がある場合は、それも考慮して選んで下さい。

ネイリストの資格を通信講座で取得する場合

ネイリストとして働こうと思ったら、資格がなくてもネイルサロンでアルバイトから働く事は可能です。
ですが給与面でも待遇面でも、やはり資格を取得している方が有利につながります。
では、資格を取得する方法ですが、3級までなら本を購入し、独学でも合格をする事は可能です。

しかし2級以降は、専門的な内容になるため、独学での合格は難しく、専門学校に通うか、通信講座で勉強をするのが一般的です。
では通信講座で、資格の取得を目指すメリットとデメリットを紹介します。

通信講座で資格の取得を目指すメリットは、お金と時間です。
専門学校に通う事と比べると、学費はかかりません。
また自宅で自分の都合のいい時間帯に、勉強をする事が出来るため、時間に融通がききます。

仕事をしていて、ネイリストに転職したいという場合など、働きながら学ぶには通信講座は適しています。
また通信講座とは、テキストだけではありません。
基本的なネイル道具もセットで届くため、ネイリストになるために、どんな道具を揃えればいいのか分からない。そんな人にとっても、道具が一式揃えられるので、助かると言えるでしょう。

主婦業をしつつネイリストを目指すのにおすすめの記事https://www.nailist-jobs.jp/%E4%B8%BB%E5%A9%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%81%AB%E3%81%AF%EF%BC%9F

しかしながら、通信講座で資格を取得する事は、デメリットもある事を覚えておきましょう。
ネイルの知識を身に着けるだけなら、通信講座の教材だけでも、事足ります。
ですがネイリストになるためには、技術やセンスも必要です。

やはり直接専門学校で、プロのネイリストから実習を受けて直接教わる事と、教材を見て自ら学ぶ事とでは、習熟度に差は生じます。
また他の生徒のネイルデザインを見る事も、刺激になりますし、勉強になるはずです。

一人で自宅にてネイリストの勉強をするという事は、それらの機会に触れる事がないという事です。
また就職先という点でも、専門学校よりも通信講座の方がサポート力は弱いと言えるでしょう。

専門学校であれば、ネイル業界にコネがあるため、就職面で充実したサポートを受ける事が出来ます。
対して通信講座で無事に、ネイリストの資格を取得した場合は、就職先も自力で探す必要があります。

通信講座で、ネイリストの資格を習得するには、メリットとデメリットがあります。
そのためよく理解した上で、通信講座を選ぶのか、それとも専門学校に行くのか、よく考えて選んで下さい。

ちなみにネイル通信講座にも、いくつかの種類が用意されています。
例えば、「K-twoメイク&ネイルスクール」では、ベーシックコースで、費用は73000円、学習期間は3ヶ月となっています。

「クラスタイル ネイルカレッジ」では、費用は150000円、学習期間は6ヶ月となっています。

ネイリストの資格について

ネイリストとして働くには、資格を取得していなくても、働く事は可能です。
しかしネイリストの資格を取得するという事は、ネイリストに必要な知識とスキルがあるという証明になります。
またネイリストの求人でも、ネイリスト2級以上という条件を設けているネイルサロンも少なくありません。

資格の有無によって、給与も変わってくるので、将来ネイリストとして働きたい。
そう考えているのであれば、ネイリストの資格を取得しておく事をオススメします。
では、ネイリストの資格には、どのような資格があるのか紹介していきます。

まず「JNECネイリスト技能検定試験」は、日本ネイリスト協会が行っている資格です。
試験内容は、筆記試験と実技試験が行われ、1~3級の資格があります。
3級は、基本的な知識や技術を問われる内容なので、独学で取得する事も可能です。

ですが2級になると、ネイルサロンで働くレベルの知識や技術を問われます。
そして1級は、トップレベルのネイリストとして働くのに必要は知識と技術になるため、取得は難しいと言えます。

そのため2級以上の資格を取得したいと思ったら、独学では難しく、専門学校に通う必要があると言えるでしょう。
受験資格は、3級は義務教育を終了している事、2級以降は下ランクの資格を取得している事が条件となります。

「JNAジェルネイル技能検定」は、ネイルの中でも、ジェルネイルに特化した資格です。
そのため、まずは「JNECネイリスト技能検定」を取得してから、ジェルネイルの資格も取得するという流れが一般的です。

1級の資格取得となると、一気に内容が難しくなるため、難易度は高くなります。
ですが将来、独立・開業を目指している人や、就職を有利にしたい人は、1級を目指す事をオススメします。

ちなみに、ネイリスト検定では、服装や髪型などの見た目も審査ポイントに含まれます。
なぜかというと、ネイリストとしての自覚や節度をわきまえているかどうかも問われるためです。
せっかく試験で合格圏内に届いていたのに、服装や髪形が減点対象となり、不合格になりたくないですよね。

では、どのような服装や髪形だと、減点対象となってしまうのか紹介します。
まずアクセサリーは、腕時計と結婚指輪を除き、原則禁止と考えて下さい。
やはりネイルの施術をする時に、邪魔になるアクセサリーは、身に着けるべきではありません。

そして滅多にないと思いますが、アートの課題の模様が描かれている洋服を着ているとカンニングだと見なされ減点対象となります。予めテーマは決まっているので、注意しておきましょう。

あとネイリストは、センスを問われる仕事なので、オシャレでなければいけませんが、個性的すぎてもいけません。ど派手な髪の色や露出が激しい服装では、接客業なのでお客様に不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。TPOをわきまえた服装と髪型を心掛けましょう。