ネイリストに向いている人とは

ネイリストになりたいと目指す人は、ネイルが好きな人ですよね。
ですがネイルが好きなだけで、ネイリストとして職業に選んでも大丈夫?
そんな不安を覚える人もいるでしょう。

では、どんな人がネイリストに向いている人といえるのでしょうか?
まずネイリストとは、専門職なので、技術がなければお客さんから信用されません。
技術とは、地道に実践を積んでいくしかありませんが、練習が欠かせないと言えるでしょう。

そのためネイルが好きなだけでなく、好きだからこそ、人よりも練習をする事が苦にならない。
そんな努力家でスキルアップに余念がない人が、ネイリスト向きの人です。

もちろんネイルをする際に、細かな作業も多いので、手先が器用な人の方がネイリストに向いています。
またオシャレのセンスも問われるでしょう。

ネイルのデザインは、自分の好きなデザインだけをしていればいいという訳ではありません。
それでは自己満足で終わってしまいますから、お客さんがそのネイルに満足する事が重要です。
そのため客のニーズに応える事が出来る、センスも問われる仕事です。

あとネイリストとは、接客業です。
新規顧客だけでなく、リピーターになってもらう事が重要なので、コミュニケーション能力が問われます。
どんなネイルにしたいのか、人によっては言葉で上手く説明出来ない人もいます。
お客さんの要望をいかに上手に聞き出す事が出来るのかも、コミュニケーション能力にかかっています。

特にネイルは、デザインによっては時間がかかるケースがあります。

その時間、お客さんと対面しながら作業をする訳ですから、ネイリストが無言で集中してネイルをしていたら、お客さんの方が居心地を悪く感じてしまいます。

そのためネイル施術中の時間を楽しく過ごす事が出来るように、気遣いや会話で楽しませるスキルもネイリストには重要だと言えるでしょう。

その他、ネイルのデザインは流行によって、大きく変化していきます。
なので、流行に敏感で、アンテナを張れる人がネイリスト向きだと言えます。
同時に社会常識も踏まえている必要があります。

ネイルサロンでネイルをしてもらうのは、特別な日のためというお客さんも多いでしょう。
恋人の両親に結婚の挨拶にいく場合、パーティやイベントに出席する場合など、TPOによって求められるネイルデザインは違います。

ネイル自体がどんどん進化しているので、新しい技術をどんどん習得しないと、お客さんの要望に応じる事が出来ません、まさに日々スキルを習得するために努力し続ける事が出来る人こそがネイリストに向いている人だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA