ネイリストとして働く場所

ネイリストになりたいと、専門学校に通い、無事ネイリストの資格を取得したとします。
ではネイリストの就職先としては、どのような職場があるのでしょうか?

まず最も多い職場は、ネイルサロンです。
ネイルをしてもらいたいと思ったら、ネイルサロンに訪れる人が多いですよね。
ただネイルサロンと一言でいっても、その形態は多岐にわたり、仕事内容も変わってくるでしょう。

例えばネイルサロンとして独立した店舗も少なくありません。
そうかと思えば、美容院に併設しているネイルサロンもあります。
この場合は、ネイルサロンに訪れたお客さんが、パーマやカラーリングの施術の待ち時間にネイルの施術も受けられるサービスが人気です。

またブライダルサロンと併設しているネイルサロンの場合は、結婚式のドレスやヘアスタイルに合うネイルデザインの提案が求められます。

その他にもデパートで、化粧品売り場の一角にネイル施術を受けられるコーナーが設けられているケースもあります。
その場合は、化粧品を販売する事がメインとなり、新商品などを常に詳しく把握しておく事が求められます。

出張ネイルサロンの場合は、店舗を持たずにお客様が求める場所に、自ら訪れる形になります。
また自分自身で、独立・開業する場合は、いきなり店舗を構えるのはリスクが大きすぎます。
その場合は、個人の自宅で開業して、徐々に顧客を増やしていくなど、自宅から始める事をオススメします。

トップネイリストにもなれば、雑誌やTVメディアで活躍する人も存在しています。
女優やモデルにネイルの施術を行うなど、カリスマ美容師やメイクアップアーティストと同じように、第一線で働くカリスマネイリストに憧れる女性も多いでしょう。

ちなみに、職場によってネイリストの収入も大きく変わってきます。
ですが収入が高いからといって、専門学校を卒業してすぐに、条件にいい職場で働ける訳ではありません。
やはり実績が必要なので、まずはネイルサロンで経験を積んでから、フリーランスとなるという流れが一般的です。

そのためネイルサロンで、ネイリストとして、実践を積み、店長としてお客さん対応や店舗運営を学びます。
独立すると、自分のペースで働く事が出来るので、結婚や子育てをした後もネイリストとしての仕事を続けやすいと言えます。

ネイリストとして独立するためには、資金が必要となります。
自宅で開業する場合は、家賃が抑えられ50万円程度から始める事が可能ですが、本格的にネイルサロンを構える場合は、1000万円以上かかる場合もあります。

そのため事業計画もしっかり立てる必要があります。
ネイルサロンのコンセプトや、ターゲットの客層、現実的なサービスの提供価格など、しっかり市場調査を行い、準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA