ネイリストの資格を通信講座で取得する場合

ネイリストとして働こうと思ったら、資格がなくてもネイルサロンでアルバイトから働く事は可能です。
ですが給与面でも待遇面でも、やはり資格を取得している方が有利につながります。
では、資格を取得する方法ですが、3級までなら本を購入し、独学でも合格をする事は可能です。

しかし2級以降は、専門的な内容になるため、独学での合格は難しく、専門学校に通うか、通信講座で勉強をするのが一般的です。
では通信講座で、資格の取得を目指すメリットとデメリットを紹介します。

通信講座で資格の取得を目指すメリットは、お金と時間です。
専門学校に通う事と比べると、学費はかかりません。
また自宅で自分の都合のいい時間帯に、勉強をする事が出来るため、時間に融通がききます。

仕事をしていて、ネイリストに転職したいという場合など、働きながら学ぶには通信講座は適しています。
また通信講座とは、テキストだけではありません。
基本的なネイル道具もセットで届くため、ネイリストになるために、どんな道具を揃えればいいのか分からない。そんな人にとっても、道具が一式揃えられるので、助かると言えるでしょう。

主婦業をしつつネイリストを目指すのにおすすめの記事https://www.nailist-jobs.jp/%E4%B8%BB%E5%A9%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%81%AB%E3%81%AF%EF%BC%9F

しかしながら、通信講座で資格を取得する事は、デメリットもある事を覚えておきましょう。
ネイルの知識を身に着けるだけなら、通信講座の教材だけでも、事足ります。
ですがネイリストになるためには、技術やセンスも必要です。

やはり直接専門学校で、プロのネイリストから実習を受けて直接教わる事と、教材を見て自ら学ぶ事とでは、習熟度に差は生じます。
また他の生徒のネイルデザインを見る事も、刺激になりますし、勉強になるはずです。

一人で自宅にてネイリストの勉強をするという事は、それらの機会に触れる事がないという事です。
また就職先という点でも、専門学校よりも通信講座の方がサポート力は弱いと言えるでしょう。

専門学校であれば、ネイル業界にコネがあるため、就職面で充実したサポートを受ける事が出来ます。
対して通信講座で無事に、ネイリストの資格を取得した場合は、就職先も自力で探す必要があります。

通信講座で、ネイリストの資格を習得するには、メリットとデメリットがあります。
そのためよく理解した上で、通信講座を選ぶのか、それとも専門学校に行くのか、よく考えて選んで下さい。

ちなみにネイル通信講座にも、いくつかの種類が用意されています。
例えば、「K-twoメイク&ネイルスクール」では、ベーシックコースで、費用は73000円、学習期間は3ヶ月となっています。

「クラスタイル ネイルカレッジ」では、費用は150000円、学習期間は6ヶ月となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA