革財布のお手入れの方法3パターンを紹介します - 日常・汚れ・濡れ

財布の性質上、革財布は毎日手にとって使うアイテムになります。それだけに気がつかないうちに汚れがついたり、シミができている…ということもあるかもしれません。

天然皮革はエイジングが魅力であるとはいえ、こうした汚れやシミはできるだけ避けたいもの。ここでは日常の汚れやシミ、水濡れなどが起きたときのお手入れのしかたについて説明していきます。

一番先にしておきたい革財布のお手入れについて

日常の汚れやシミ、水濡れなどはできてしまってからお手入れするよりも使い始める前に防水・防汚効果のあるスプレーを使用するのが一番です。

いろいろな皮革素材に使用できるマルチな防水スプレーをひとつ用意しておくと便利です。購入前に自分が使っている財布の素材にあっているかどうか確かめてから使用するようにしましょう。

日々のお手入れはどんな風にすればいい?

財布を使い終わったら、カバンやポケットから出して柔らかいコットンで軽くふき取っておくようにしましょう。このひと手間をかけるだけで、目に見えない汚れや皮脂、ほこりが取れて、革が長持ちします。

Tシャツや古い下着などを小さく切って革製品のお手入れ用にまとめておけばエコなお手入れアイテムに変身してくれるので是非、お試しください。

また財布をボトムのヒップポケットに入れて使用すると素材が常に摩擦を受けて革の劣化が進んでしまいます。財布はできるだけゆとりのある上着のポケットやバッグに入れて持ち歩くようにしたいものです。

汚れがついたときのお手入れ

うっかりインクや飲み物などで財布を汚してしまった場合、まずは水で濡らして固く絞った布でふいてみてください。それでも落ちない場合は天然皮革製品用のクリーナーを使って汚れを落とします。

クリーナーも革のタイプによって合う、合わないがあるので購入前にチェックしてみてください。また、使用する前に財布の内側など、目立たない部分で試してシミになったり変色したりしないかテストしてから全体に使うようにしましょう。

水に濡れてしまったときのお手入れ方法

雨に降られたり、水をこぼしたりして財布が濡れてしまった…。そんなときは慌てずに乾いた布ですぐにふき取るようにしてください。

その後、陰干しして完全に乾くのを待ちます。ここで日光に当てたり、ドライヤーで乾かそうとしたりするのはNGです。革が変質して凸凹になってしまうこともあるので、絶対にやめましょう!

如何でしたでしょうか。革財布は良質のものを購入してメンテナンスをしっかりすると、素晴らしいエイジングを魅せ、一生ものの財布となり、かっこいいメンズになる事請け合いです!

≫ 長財布(メンズ)を選ぶ時のまとめ HOMEに戻る