財布にまつわる言い伝えや迷信・都市伝説などを紹介…。あなたは信じますか?

赤い財布はお金が貯まらない、金運アップを狙うなら黄色い財布…。皆さんはこんな財布まつわる言い伝えや都市伝説を信じていますか?

自分が欲しいと思っていた財布や今使っている財布が、金運を下げるとしたらイヤですよね。ここでは財布にまつわる言い伝えや噂をまとめてみました。

縁起物を象った根付けやマスコットを入れておくといい?

「お金が帰る」という意味のカエルや富をつかさどる神様である大黒天が持つ打ち出の小づちをかたどった根付けやマスコットを財布につけておくと金運が上がると昔から言われています。

神社のおまもりでもこうした縁起物のマスコットがついてくるときがありますよね。

財布の色はどれを選べばいい?

赤い財布は赤字を意味するので、お金が貯まらない…、緑色の財布はお金に困らない。茶色の財布は貯蓄が増える…。財布の色に関してもさまざまな憶測が飛び交っています。

同じ風水師の方でも「赤はエネルギーをもたらすカラーなので赤い財布でもかまわない」という人もいます。

また黄色や金色の財布は運気を上げる!として高い値段で売られていることもありますが、「お金を入れるものにお金をかけるのはナンセンス」と考える人もいます。

要は自分が使っていて嬉しい、心地いい色の財布を選べばいいのではないでしょうか。

『この財布にしてからどうも出費がかさむような気がする…。』

と感じるような財布であれば、財布の変え時かもしれません。

お金そのものの扱い方にも注意が必要?

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

長財布に関する本も出版されていますが、よく「お金持ちは長財布を使っている」と言われますが、これもあまり根拠がないこと。ただ、お金を小さく畳んで持ち歩いたり、二つ折り財布をお尻のポケットに持ち歩いたりするのは良くないと言われています。

またお札は天地を揃えて入れる、レシートや領収証などと混ぜて財布に入れたりしない…といったお金の扱い方にも配慮している人が多いようです。確かにお金を大切に扱わない人のところにお金は集まってきそうにありませんよね。

また「お金持ちになれる財布」があるわけではありませんが、経済的に安定した生活を送っている人でボロボロの財布を持っていないというのは事実のようです。

どんな財布を選ぶかだけではなく、お金に対する気持ちの持ちようや扱い方に気を配ることで金運をアップさせることはできるかもしれませんね。

≫ 長財布(メンズ)を選ぶ時のまとめ HOMEに戻る